ピンクカビ落としは重曹がおすすめ?使い方や重曹スプレーの作り方、加湿器のピンク汚れにも効果アリなのか解説

ピンクカビには重曹がいいよ

と、テレビやTwitterで聞いた方、多いのではないでしょうか?

へー、そうなんだ、重曹がいいのかー

と思いはしましたが、実際、重曹が何なのか、どうやったら落とせるのか、具体的なイメージはついていませんでした。

そこで、今回はピンクカビと重曹について

  • そもそも重曹って何?何処で買えるの?
  • ピンクカビ落としに重曹はおすすめ?
  • 重曹スプレーの作り方、使い方

この3点について解説していきます。


重曹って何?

そもそも、根本的な話、重曹が何なのかですが、

重曹というのは、炭酸水素ナトリウムのことで、お菓子作りに欠かせないベーキングパウダーの主成分となる物質です。

お菓子だけではなく、肉料理などにも使用されていて、お肉のたんぱく質を分解して柔らかくしてくれる働きがあります。

昔、理科の実験でカルメ焼きって作った経験ありませんか?

あれも重曹を使って作っているので、実は意外と身近な物質であることが分かりますね。

そんな重曹ですが、お掃除にも使用出来ることが、最近ではテレビやメディアで紹介されるようになり、お掃除が得意な人からしたら必須アイテムのひとつになっているようです。


重曹はどこで買えるの?

重曹は実は様々な所で販売されていて、

おもに100均・ホームセンター・スーパー・ドラッグストアで気軽に買うことが出来ます。

この方も掃除用に100均で重曹を買ったようです。画像を見る感じ、240g入りですね。

普段は気にしたことがなかったので知りませんでしたが、値段的にもかなり手に取りやすいもののようです!


ピンクカビ落としに重曹はおすすめ?

結論から言うと、おすすめです。

ピンクカビは酸性の菌で、重曹は水に溶かすとアルカリ性になります。

そのため、中和反応が起こり、簡単に汚れを浮かせることが出来るので、ピッタリの方法といえます。

強酸性のスプレーでも落とすことが出来ますが、それだとお風呂のコーティングも剥がれてしまうおそれがあります。

何より、浴槽などの人体に触れる部分には、人体に優しいものを使いたいですよね。

使い方も非常に簡単で、

  1. ピンクカビ周りをシャワーで濡らす
  2. ピンクカビを軽く覆うように重曹をふりかける
  3. 掃除用のスポンジやブラシでこする
  4. シャワーでよくすすぐ

終了です(´ω`)

これならお掃除がド下手な私でも、難なく出来そうです!!


重曹スプレーの作り方

ピンクカビを簡単に落とすことが出来る重曹ですが、ピンクカビの予防にも使うことが出来ます。

それが、重曹スプレーです。

作り方はとっても簡単で、

  1. 500mlの水に重曹をスプーン3杯入れ、鍋で沸騰させる
  2. 沸騰後、冷ましてからスプレーボトルに入れる

はい、完成です( ^ω^ )

ちなみに、この過程にある、冷ました状態の重曹水に、分解した加湿器のパーツを30分ほどつけおきすることで、加湿器のピンクカビも落とすことが出来ます。

このスプレーを浴室全体に。特にピンクカビが出来やすそうな場所を重点的にスプレーして、15分ほど放置したらシャワーで洗い流して終了です。

作り方から使い方まで簡単すぎますが、効果は間違いないので、ぜひためしてみてください(*´꒳`*)


ここまで、重曹をつかったピンクカビ落としについて解説しました。

手に入りやすく、価格も安く、使いやすいのに効果は抜群な重曹を、日頃のお掃除に取り入れて、厄介なピンクカビとおさらばしましょう(*^_^*)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)