未分類

水泳で痩せる部位はどこ?泳ぎ方によるカロリー消費量の違いや、水泳ダイエットでなかなか痩せない場合の原因について解説

目安時間 6分

水泳では個人差による部位痩せはあるものの、基本的には全身の脂肪を燃焼させることが出来ます。

ではプールに行って全力で長時間泳ぎ続ければ痩せられるのか?

水泳ダイエットが上手くいかない場合の原因は何か?

この記事ではその点を解説していきます。

水泳で痩せる部位はどこ?

水泳は全体的に痩せる運動方法です。

全身を使った運動となるので、身体全体の脂肪を燃焼させます。

とはいえ、個人差があり、全体の脂肪が落ちていく過程で、ある一箇所が急激に痩せたと感じて、部分的に効果があると言われることもあるようです。

最近水泳をした人であれば分かるかと思いますが、水泳は、1番動かしているように見える足はもちろんですが、腕や腹筋まで様々な部位が筋肉痛になります。

10年ぶりくらいに海で大はしゃぎしたら、次の日からしばらくは全身が痛くて、ロボットみたいな動き方をしてしまいました(^_^;)

このことからも、水泳は部分痩せではなく、全身のダイエットに効果があるといえるでしょう。

水泳選手がテレビに映っているのを見ると、どの選手も体型が逆三角形で、部分的に太っている人なんてほとんど見かけませんもんね。

平泳ぎのカロリー消費量は?

個人差はもちろんありますが、基準として体重60kgの大人が1時間泳いだ場合の消費カロリーは

約630kcalです。

腹筋や背筋、腕立て伏せやスクワットを同じく体重60kgの大人が30分行った場合の消費カロリーが約75kcalとなりますので、かなりの差がありますね。

とはいえ、これは60分間通して平泳ぎをした場合の消費カロリー計算となりますので、ちょっと泳いで休憩、またちょっと泳いで休憩というような場合には、プールに入っている時間は長く感じていても、実際の運動時間が短いといったこともあるので、注意しましょう。

クロールのカロリー消費量は?

ゆっくりとしたクロールで約504kcal、

速いクロールで693kcalです。

速いクロールであれば平泳ぎよりも消費カロリーが多いので、即決で選びたくなりますが、アスリート選手でもない限り、1時間通しで速いクロールをし続けるのは身体にとんでもなく負担がかかり、続かなくなるのは目に見えています。

速さを追求せずに、自分に出来るペースのスピードで、徐々に慣らしてから、速さにこだわるといった流れが適切だと思います。

水泳で効果的に痩せるメニューは?

プールでの水中ウォーキングが効果的です。

体重60kgの大人が1時間水中ウォーキングを行った場合の消費カロリーは約283kcalです。

一見すると、平泳ぎやクロールと比べて消費カロリーが少ないので、数字だけ見た場合だと選ぶ人は少ないかもしれません。

しかし、水中ウォーキングの場合、泳ぎが苦手な方や、私のように10年以上まともに泳いだことがない方でも無理なく始めることが出来、水泳よりも続けやすいというメリットがあります。

水中ウォーキングであっても、全身の筋肉を使うことには変わりがないので、しっかりと筋肉痛も全身に来ます。

また、水中でのウォーキングなので、膝に負担がかからず、膝が痛むから続けられないといった心配もいりません。

プール内をゆっくり歩き続けるというと、特に若い方の場合は、カッコ悪いんじゃないかと思うかもしれませんが、実際やってみると案外しっかりと疲れるので、一度やってみて下さい(*^_^*)

水泳ダイエットでなかなか痩せない場合の原因は?

水泳ダイエットでなかなか痩せない場合の原因として考えられるものは、記事内でも触れた、実際の運動時間が短く、思ったよりも運動をしていないというものがあります。

また、人間は身体が冷えてくると内蔵を守ろうとする本能が働き、脂肪を付けようとするので、あまり長時間ダラダラとプールに入っていてはかえって逆効果となってしまうこともあります。

水泳がダイエットに効果的というのは間違いはありませんが、水にプカプカとゆったり浮かんで何時間も過ごして、痩せられるはずがないのは考えれば分かることだと思います。

ダイエットの為にプールに来たのであれば、決まった時間内に、自分の目標距離などを定めた上でしっかりと泳いだり歩いたりして、しっかりと脂肪を燃焼させましょうね。

まとめ

ここまで、水泳によるダイエットについて解説をしました。

泳ぎ続けられるのであればクロールや平泳ぎ、泳ぎに自信がないのであれば水中ウォーキングを、1時間なら1時間、30分なら30分と、しっかりと身体を動かすのが、ダイエット成功への近道となります。

プールが近場にある方や、ダイエットをしたいけど足腰があまり強くないといった方には、プールでの運動はとてもおすすめ出来るものですので、タンスから水着を引っ張り出して、久々に泳ぎに行くのもいいですよね(*^_^*)

私は体型が大幅に変わってしまったので、まずは水着を買いに行かないとですが、、、(笑)


   未分類   0

この記事を書いた人

Orenuman

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: