未分類

サティスsは後悔しない選択肢?尿はねや流れないトラブル、タイプやグレードの違い、価格やリトイレについてを徹底解説!!

目安時間 6分

LIXILのサティスsは、後悔しない選択肢のトイレであるとはいえません。

 

この記事ではLIXILのサティスsについて、同じくリクシルのサティスgや、TOTOのネオレストとの比較を解説しています。

 

新築のトイレ選びやトイレのリフォーム、リトイレを検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね!

サティスsは尿はねが気になるという口コミが多数…

サティスsについての口コミを調べると、尿はねに困っているというコメントが複数見られました。

 

尿はねというと、男性が立って使用した際のものを思い浮かべると思いますが、サティスsの評判を見ると、男女関係なく、座って使用した場合でも尿はねが発生するようです。

 

跳ね返りによって、便座裏が汚れてしまい、そのまま尿石になって落ちにくくなってしまったり、使用する度にはねた尿でふとももが汚れてしまうというものもありました。

 

 

サティスsは便器のフチが無く、お手入れが簡単というのが売りのトイレなのですが、口コミや評判を見る限りでは、お手入れの頻度は多くなりそうだと感じました。

サティスsは流れない?

サティスには「超節水トイレ」という機能があり、従来品と比較しても高い節水効果があります。

 

しかし、その節水効果が仇となることもあるようで、トイレットペーパーの量が多いなどの場合に、1回で流れ切らなかったということもよくあるようです。

 

 

サティスに限らず、タンクのないトイレ(タンクレストイレ)にはよくある話のようですが、1回で流れ切らず、2回目を流すのであれば、節水効果もあまり意味が無いように感じてしまいますよね(^_^;)

サティスsタイプとgタイプの違いは?

サティスsタイプの他に、サティスgタイプというものがあります。

 

これらはサティスという名前こそ同じではありますが、全く別物といっていいほどに特徴に差があります。

 

 

サティスsタイプは前述したようにフチの無いのが特徴のトイレですが、サティスgタイプにはフチがあり、便器内には常に泡が待ち受けています。

 

フチがある上に泡が便を受け止めますので、跳ね返りを心配する必要がほとんどないのがgタイプです。

グレード6はどんな機能の違いがある?

サティスsはグレード5とグレード6の2つのグレードに分かれています。

 

グレード5との差額は4万円ほどありますが、その分機能が充実しているのがグレード6です。

 

グレード5と6に共通した機能としては

 

・ノズル除菌

 

・フルオート便器洗浄(リモコン便器洗浄)

 

・wパワー脱臭

 

というものがありますが、グレード6には追加で

 

・フルオート便座

 

・ほのかライト

 

・フルオート便器洗浄に男子小洗浄も対応

 

・便ふた閉後洗浄モード

 

といった機能が付け加えられています。

 

 

グレード5でも充分に、トイレを清潔にする機能が備えられていますが、グレード6になると清潔はもちろん、トイレをライトで照らすことによっておしゃれな空間を演出することも出来るようです。

ネオレストとサティス、おすすめはどっち?

タンクレストイレとしてサティスsの比較対象となることの多い、TOTOのネオレストですが、どちらがおすすめかと聞かれたら、間違いなく、ネオレストに軍配が上がるでしょう。

 

やはり跳ね返りによる不満がレビューやクチコミに多く見られるサティスsは、新型でその問題点が解決されない限りは、導入しても後悔の無いトイレとは言えません。

 

TOTOは日本人なら知らない人はいないくらい有名な、老舗トイレメーカーですので、間違いないという安心感から選ぶ方も多いようです。

まとめ

ここまでリクシルのサティスについて解説をしました。

 

フチが無くて掃除がしやすいのは本当に助かりますが、跳ね返りによって、トイレそのものや太ももが汚れてしまうのであれば、逆に手間がかかりそうですよね。

 

 

サティスsには、ブルーグレーという、非常におしゃれなカラーがありますので、跳ね返りを改善した新型を期待したいですね!


   未分類   0

この記事を書いた人

Orenuman

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: