未分類

オイルレスヒーターのデメリットは?暖かくないって本当?デロンギとコロナの特徴を比較した内容をご案内

目安時間 7分

オイルレスヒーターのデメリットは、電気代が高くなりやすい点と、暖まりは早いが冷えるのも早いという点になります。

この記事では、オイルレスヒーターについて、特徴やデメリット、有名メーカーのオイルレスヒーターの評価などを解説しています。

暖房器具の購入時にぜひ参考にしてくださいね。

オイルレスヒーターのデメリットは?

オイルレスヒーターのデメリットは、消費電力が大きくなりやすく、電気代が高くなってしまう点です。

また、オイルレスヒーターはフィン(発熱部)が冷えるのが早いので、仮に一度温まったとしても、部屋が冷えるのも早いといったデメリットがあります。

燃料の代わりに電力を使う上に、冷えるのも早いから継続的に動かないといけないとなると、電気代が高くなるのも納得ですよね。

私の場合、灯油を買いに行く手間を考えたら、オイルレスヒーターは神のような存在に思っていたのですが、冷えるのが早いのであれば、話は別ですよね。

そもそもオイルレスヒーターとは?

オイルレスヒーターとは、オイルフリーヒーターとも呼ばれていて、その名の通り、オイルを使わずに部屋を暖められる暖房器具のことをいいます。

従来のオイルヒーターがオイルを加熱して部屋を暖めるのに対して、オイルレスヒーターは空気を直接加熱して暖めるのが特徴となっています。

因みに、従来のオイルヒーターといわれると、灯油ストーブを思い浮かべる方がいると思いますが、灯油ストーブとオイルヒーターは全くの別物です。

オイルヒーターというのは交換不要なオイルが本体内に密閉された状態で内蔵されており、そのオイルを加熱することによって部屋を暖める効果のある暖房器具となっています。

オイルレスヒーターと比べると暖まるのが遅いという難点がありますが、代わりに冷えるのが遅いというのが利点です。

どちらも、直接的に火を使うことがないので、火災などの心配が比較的少ないのがメリットではあります。

しかし、絶対に火災にならないというわけではなく、本体に、カーテンや衣類が長時間触れていた場合には、火災に繋がるおそれがありますので、設置する際には周りにそのようなものを置かないように注意する必要があります。

デロンギのオイルレスヒーターの特徴や口コミは?

デロンギのオイルレスヒーターは非常に満足度が高いようです。

オイルレスヒーターそのものの特徴である、冷えやすいことに対するネガティブなレビューはあるものの、デロンギのオイルレスヒーターの機能に対してのネガティブなレビューはほとんど見当たりませんでした。

強いてあげるのであれば、動作音が若干気になるという点がありました。

また、デロンギは常にワンランク上の家電製品を提案するのが売りの企業であるので、他社のものと比べると、本体価格が高いです。

その分、WiFiの搭載により、スマホアプリから電源のオンオフや温度設定の出来るモデルもあり、購入後には非常に満足感を得られると思います。

コロナのオイルレスヒーターの特徴やクチコミは?

コロナのオイルレスヒーターは、安全設計と安定した運転に力を入れています。

タイマー設定に関しても、日本人が使いやすいようにと、意識してつくられているので、最新のデジタル家電の操作が苦手だという人でも安心して使うことが出来るように工夫されています。

口コミを見ても、安心して使えるのが良いといったものが多く見られました。

また、雪国で使用している人のレビューもあり、パワー面を心配していたが、実際に使ってみたら、充分に暖まったとのことでしたので、寒冷地でも充分な活躍が期待出来ますね!

オイルレスヒーターの電気代はどれくらいかかる?

オイルレスヒーターの電気代の目安は、1時間当たり8円から32円といわれています。

※1kw=27円で計算した場合

もちろん、部屋の広さや建物の断熱性の違い、周囲の温度によって電気代は大きく異なりますので、あくまでも目安という認識でお願いします。

比較対象として、

オイルヒーターは8.1円から40.5円、

石油ファンヒーターは1.67円から9.99円、

エアコンは3円から41円

が目安となります。

オイルヒーターのフルパワー時と比較すると若干電気代は安いものの、オイルレスヒーターには冷えやすいという特徴があるために、継続的に動作をしないといけないため、最終的な電気代は割高になることが多いようです。

また、石油ファンヒーターは電気代とは別に灯油代が発生するため、この金額に平均して約30円程度、灯油代が追加されると考えて下さい。

まとめ

ここまでオイルレスヒーターについて、特徴や実際の口コミを参考に、解説をしました。

私的にはオイルヒーターは継続的に暖めたいリビングなどに置き、オイルレスヒーターは瞬間的に暖めたい脱衣所などの長時間いることのないスペースへ置くのが、それぞれの特徴を考えると適しているかと思います。

それぞれに一長一短はありますので、住んでいる地域や、暖めたい部屋の広さなどをもとに、適切なものを選択してくださいね。


   未分類   0

この記事を書いた人

Orenuman

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: