二日酔いとセサミン

お酒を飲み過ぎた次の日に頭が痛かったり、気分が重たいという二日酔いになってしまうのはなぜでしょう?
飲んでいる時にはあんなに楽しかったのに。
二日酔いの原因はアセトアルデヒドという有害物質が分解されずに体の中に残っているせいです。
食べ物が体に入ると代謝・解毒・排泄機能を持っている肝臓が働きます
アルコールはこの肝臓で水と二酸化炭素に分解されて体の外に排出されます。
途中で生成されるのがアセトアルデヒドという有害物質です。
肝臓が処理できる量以上にアルコールが入ってきてしまうと、うまく分解と排出ができなくてアセトアルデヒドが体の中に残ってしまう為二日酔いという気持の悪い症状が出てしまうのです。
アセトアルデヒドというのは、人の体の中では普通に発生しては排泄されている物質ですが、自動車の廃棄やたばこの煙などの大気汚染物質でもあります。

いつもならこれくらいで二日酔いにならないのに、昨夜のお酒は強かったのかな~という時があります。
いつもより強いアルコールを飲んだのではなく、肝臓の機能が低下しているために代謝と解毒がうまくできなかったのかもしれません。

逆にいうと、肝機能を正常にしておくことができればアルコールはきちんと代謝されるので、二日酔いも悪酔いもしないということになります。
セサミンは胃で消化されたり血液に溶けたりする事なく、直接肝臓に届けられます。
そして肝臓の機能を活発にしてくれるので、肝臓の負担を減らしてくれる作用もあります。
つまり二日酔いに効果を発揮してくれるというわけです。
アルコール代謝機能が低い人にセサミンを飲ませる事で、アルコールによる顔面温度の上昇抑制の効果があったという研究報告があります。

お酒を毎日飲む人は、ずいぶん肝臓に負担をかけていることでしょう。
セサミンは薬とは違います。
毎日摂取する事で肝臓の働きを助けてくれるので上手に取り入れるといいですね。
年末年始にお酒を飲む機会が増える、という人はアルコールが体に入ってくる前にセサミンを飲む事で肝機能を活発にしておくと二日酔いになりにくいそうです。

[出典]
セサミンで肝臓の調子が良くなりました
http://www.ejga.net/s0008.html