セサミンと疲労回復

疲労は「痛み」「発熱」といった症状と同じ様に体が発するSOSです。
放っておくと大きな病気になってしまわないとも限りません
「体がだるい」「体がおもい」といった疲労感の原因は、働き過ぎやストレスによる自律神経の乱れにあるのだそうです。

自律神経というのは、体と心のスイッチである交感神経と副交感神経をちょうどいいタイミングでオンオフをすることで日々の疲れを回復していく働きをしています。
この自律神経がうまく働かないと、リラックスしてよい時でも緊張状態が続いてしまったり、緊張しなくてはいけない場面でリラックスしてしまったりとおかしな事がおこってしまいます。
睡眠不足やストレスなどで緊張状態が続くと交感神経が働き続けることになります。
本来なら副交感神経に切り替わって日々のダメージを回復してくれるはずなのに、それができないために「体がだるい」「体がおもい」といった疲労感として残っていくのです。

疲労を回復する方法は、人それぞれあるかもしれません。
睡眠・入浴・マッサージ・運動・笑い・好きな物を思い切り食べるなどなど。
体の中から疲労を回復する為には、肝臓に代謝酵素をしっかりつくって働いてもらう事が大切です。

肝臓はなんと500以上もの役割を果たす、働き者の臓器です。
基本的には代謝・解毒・排泄といった機能をもっているのですが、これらの機能をうまく働かせる為に2000種類以上もの酵素がここ肝臓でつくられているのです。
だからセサミンで肝臓の機能を活発にしてあげると代謝酵素も潤沢になるので、疲れも回復しやすくなります。
「体がかるくなった」という疲労回復をセサミンで実感することができるでしょう。

また、セサミンの代謝酵素が働きやすい環境というものがあります。
体温が36度よりも低いと酵素の働きは半減してしまうので、寝る前に暖かいお風呂でしっかり体を温めてください。
37度まで体温をあげることが理想です。
あとはぐっすりと眠る事ができれば、しっかり疲労回復できることでしょう。