セサミンと若々しく

40代を過ぎてくると、様々な老化現象を受け止めていかなくてはなりません。
例えば白髪。
年齢とともに出てくる物だけど、老けてみられるのがイヤだから、白髪が目立たない様に気を使います。

原因さえ分かれば予防もできるのですが、年のせいだとあきらめていませんか?
白髪の原因の一つは色素細胞でつくられている酵素「チロシナーゼ」の数が少なくなるためだそうです。
チロシナーゼの減少は止められなくても、色素細胞の働きを活性化させることで白髪の発生を食い止める事ができるかもしれません。

細胞の活性化を妨げるのはあの「活性酸素」。
なんでも酸化させてしまう力が強く、増えすぎてしまうと大切な細胞や臓器を手当り次第に攻撃してしまいます
攻撃を受けた細胞はサビてしまう=老化してしまうという悲しい結果となります。
または、攻撃を受けた細胞から病気を引き起こしてしまったりします。

この活性酸素の働きを抑える為の物質と言えば、そう抗酸化物質です。
胡麻に含まれているセサミンは他の抗酸化物質に比べて特に抗酸化作用が強いことで知られています。

また、セサミン自体の働きも老化防止にとても役に立ってくれます。
人の体の中で活性酸素が一番発生する場所はどこだか知っていますか?なんと約80%の活性酸素が肝臓で発生しているのだそうです。
肝臓は代謝・解毒・排泄という人の体の大切な役割を司っていて、一日中働いている臓器なので仕方ない事かもしれません。

セサミンは脂溶性の抗酸化物質なので、他の水溶性抗酸化物質のように血液に溶けてしまう事なく直接肝臓に届けられます。
消化管から門脈という血管を通ってじかに肝臓に行く事が出来るので、効果的に活性酸素を取り除いてくれるのです。

肝臓で活性酸素と戦ってくれると、体の各地に活性酸素が運ばれる元を絶つ事ができるので、老化防止に一役かってくれるというわけです。
ビタミンEと一緒に摂取すると老化防止効果もさらにアップします。
上手に毎日の生活に活性酸素と戦ってくれる抗酸化物質を取り入れてみると、いつまでも若くいられるかもしれません。

↓セサミン人気製品ランキング